気に食わない、定年後の再就職給与半減 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

気に食わない、定年後の再就職給与半減

  先日来院した男性は60歳になりました。
会社の規定により、誕生日で定年ということです。
65歳まで再雇用ということで、仕事は続けられるそうですが。
案の定、給与は約半額になるそうです。
仕事内容はどうなんですかと聞いたら、ほとんど前と同じということです。
私が気に食わないのは、仕事の量も質も変わらないのに、なぜ給与が半分になるかです。
年をとって、知恵も力も衰えてしまい、会社に対する貢献度が低下したなら、
給与を下げてもある程度は仕方無いことです。
そうでもないのに、給与を下げるなどは、使用者側の傲慢です。
使われる側も、それに対して特に不満も言わないという。
年金制度で、基本年金が65歳にならないと受給できないようになっています。
60歳定年後の5年間、まったく収入の面でやりくりができないから、
殆どの人が、その間に何がしかの働き口を見つけなければなりません。
できれば、今までの会社に継続して勤務できれば、それに越したことはありません。
そのような人間の弱みに付け込んで、安い給与で働かせようとするなど、
事業という物を、全員で協力し合って盛り上げていこうとする、根本の精神が
欠如しているのです。
  その一方で、たいして働きもしないような、官僚の天下りを進めているのです。
昼近くなってゆっくりと出社し、お茶を飲みながら新聞を見て、鼻をほじくって、
夕方には早々と帰宅するという。
給与も退職金も、びっくりするほど高額である。
それがそのまま、製品価格の上乗せになり、会社の利益を減少させ、
従業員の給与の伸び悩みにもつながるのである。
そういう役にも立たない連中に高額の給与を払って、一方では、
真剣に働く従業員には、給与のカットや無給で残業させるという。
雇ってもらえるだけでも有難いと思え、というような態度が見え見えで、
他人事ながら、非常に腹立たしい。
  竹信三恵子氏の著、「ルポ 賃金差別」には、
同じ仕事を担っていながら、派遣社員、契約社員、パートといった線引きで
賃金に大幅な差がつくことを、本人も周りも当然のように思いこむ。
そのような事態が日本では進行している。
と書かれています。
単なるビジネス論理だけではなく、もう少し血の通った扱いができないものかと、
団塊世代が続々と定年を迎えた今、考えてしまうわけです。

「メタボリック菅原の健康おとぼけブログ」

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)

相模原市,相模大野駅の整体