産後うつ、マタニテイーブルーの治療 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

産後うつ、マタニテイーブルーの治療

 産後うつと、マタニテイーブルーといわれるものは、厳密には、区別されているようです。

いつから始まるか、長く続くか、短期間で終わるか、あるいは症状の違いなどで

分けられるようですが。

肉体的なこと、精神面の問題、家族や社会との関係、子供の問題など、

複雑に絡み合っています。

産後に始まると言われますが、私に言わせれば、妊娠中からすでに徴候が

始まっているのです。

ただ、正常な状態との、はっきりとした違いがでないために、

良くわかっていないだけなのです。

更年期障害も、老化現象も、昨日と今日がはっきり違うなどという風に変化するものでは

ありません。

徐々に徐々に変化してきて、ついにある時点から、症状を自覚してくるのです。

それでも、まだ周りの人は気がつきません。

産後うつなども同じで、妊娠中からの微妙な変化も影響するし、

出産という大変な事態も影響するし、

当然、その後の子育てそのものも大きく影響するのです。

妊娠中から、もっと早く言うと、妊娠などをする前から治療によって体を整えておくと、

いざその時になってからが、とても楽なのです。

しかし現実には、妊娠前から、産後のうつやマタニテイブルーの予防をなどと

思いつく人はいません。

意識するしないにかかわらず、若い時から継続して治療を続けている人は、

妊娠しやすい、つわりも少ない、順調に経緯する、出産も軽くすむ、産後の肥立ちも

順調となります。

それがそのまま、更年期障害の予防、老化現象の予防、痴呆、寝たきりなどの予防へと

自動的に、継続してつながっていくのです。

こういう考え方を良く理解、納得できる人は、幸せな一生を送るのです。

症状があるときだけ医者に行って、薬をもらえばいいやとか、切ってもらえばいいんだ、

などと

本質を履き違えた考えをする人は、かなり損をした、悲惨な人生が待っています。

単に長く生きることが出来さえすればいいや、と思って、しかもろくでもない生活を

していても、ホントに長く生きる人もいます。

先ほどのような考えを持って、正しい生活をしても、早や死にする人も現実にはいますが、

大きく統計を取ってみると、やはり健全な生活を心がけた人の方が、圧倒的に長生きです。

何事も100%ということはないのですが、統計的には、はっきりと有意な結果が表れます。

宣伝するわけではないのですが、根本治療と健全な生活が、やはり健康長寿の秘訣です。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)