ショックで腰が抜ける話 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

ショックで腰が抜ける話

  骨盤という部分は、両側の寛骨と、お尻の真後ろの仙骨で囲まれた

ところをいうのですが。

この寛骨は、腸骨、坐骨、恥骨というものが一体になったものです。

両方の腸骨と、間に挟まった仙骨は、仙腸関節という形で接触しております。

そして、靭帯等で引きしめられているのです。

この仙腸関節は、物理的な強大な力を加えなくても、精神的なショックで

いとも簡単に緩むことがあります。

腸骨が開いてしまい、仙骨の両側からの支えが無くなるので、

崩れるようにへたり込んでしまうのです。

こういう状態を、腰が抜けた、と表現することが多いのです。

このときに、骨盤に帯などを巻いてグッと引き締めると、

案外シャキッと立つことがあるのです。

  先日来てくれた男性(50歳代)の体験ですが。

東名高速道路で、前を走っている車が事故を起こし転倒、

頭から血を流した人が這い出てきました。

自分の車は、だいぶ後方にいたので、事故そのものには巻き込まれていません。

車から降りて駆けつけ、数分話した後に、急に腰が砕けたようになり、

その場で座り込んでしまいました。

立ち上がろうとしても、どうしてもできなかったそうです。

先ほど書いたとおり、自分自身には、物理的な力は全く加わっていないのです。

また、やはり来院した女性(60歳代)は、この度の大地震の様子をテレビで見ていて、

立ち上がろうとしたら、右の股関節がガクガクし始め、そのうちに痛くなってきました。

またある女性は、社内で望まない部署に配置転換になり、あっという間に、

両股関節が痛くなり、歩くことも困難になってしまいました。

私は、ピンときましたから,上司に言って元の職場に戻してもらえばと、

提案したのです。

その女性は、夢中で頼みこみ、もとの部署に戻してもらったようです。

そうしたら、間もなく両方の股関節の痛みは、きれいに無くなってしまいました。

骨盤と、それにはまりこんでいる股関節は、このように精神的なストレス、ショックで、

いとも簡単に緩んでしまうのです。

精神的な要因で腰が抜けた場合は、その要因の排除、改善により、回復するのです。

救急車で病院に担ぎ込まれても、原因もわからないし、治りもしません。

なんにもしなくても、時間がたてばひとりでに治ることがほとんどです。

それでも、少しでも早く回復したいと思ったら、病院ではなく、

こういう意味合いを良くわかっている、治療院に行く方が断然お勧めです。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,500円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常22,000円→19,800円(税込)

相模原市,相模大野駅の整体