女房とローラーベッドは、新しい方が良い - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

女房とローラーベッドは、新しい方が良い

  問うて曰く、
女房とローラーベッドは、新しい方が良い。
その心は ?
ヌヒヒヒヒーーーツ。bleah
というわけで、お答は皆さんで勝手に想像してください。
 新しいローラーベッドが搬入されてから、丸々6年が経過しました。
誰に言っても、以前のローラーべッドが、26年間とはすごくもちましたねーと、

感心してくれたのです。
その、がんばってくれた古いローラーベッドを、狭い治療室からようやくの思いで

搬出し、トラックに積まれて去ってゆきました。
  昔、父親の乗っていた乗用車を手放すときに、父が言っておりました。
「うどさかねーなー」weep
「うどさかない」というのは、秋田弁で、かわいそうだ、きのどくだ、
涙がこぼれるなー、というような意味です。
長年愛用していた車を手放すときに、いかに相手が心のない機械であっても、
情が移っているというか、その気持ちは良くわかります。
もっと大昔だったら、手塩にかけて育てた、牛や馬を手放すときの感情です。
ところが、「うどさかねー」と言っていた父が、新車が来たとたんに、がらりと変心。
嬉々として新しい車に乗っていたのです。rvcar
  実は、ローラーベッドもそうです。
乗ってみると、いろいろと工夫もされていて、やはり26年前とは違います。
来院した皆さんにも、これは気持ち良いですねーと、好評です。
「前のローラーは、音がうるさかったですよねー」
「動きが単調で、少し痛いようなこともありましたねー」などと、
少しづつ悪口なんかを言い出したりもするのです。
まー、仕方がないですよね。
年寄りは、だんだんと毛嫌いされてゆく運命なのかもしれません。
このローラーベッドが、この後、26年も持つとは思えません。
26年後なんて、肝心の私自身が生きているかどうかわからないのです。
その意味では、このローラーベッドは、私にとっては一生モノです。
「決して新しい物に変えたりしないから、がんばってね」と、
優しくささやきかける菅原の姿が、そこにはあったのです。coldsweats01
ジャーーーン。

祝日も診療いたします。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)

相模原市,相模大野駅の整体