温泉に入るときは、あそこをちゃんと洗ってからにしろ - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

温泉に入るときは、あそこをちゃんと洗ってからにしろ

 テレビ番組では、相変わらず旅行番組が盛んであり、それはそれで結構なことです。

国内に限っても、一生かかっても行き尽くせないほどの観光地、温泉地があり、

テレビ桟敷で堪能できるので、安上がりでもあり、ありがたいことです。

ただ、いつも嫌になるのは、温泉の入浴シーンです。spa

古くて、見た目はなんとなく薄汚いような、湯治場などの温泉は、最初から、

湯船に大勢の人間が浸かっている場面が多いので、あまり目立たないのですが。

綺麗を売り物にする温泉では、だいたい若い女性をモデルにして入浴シーンを

撮影しています。

  そりゃー、薄汚いじい様やばあ様よりも、視聴者の目は引くでしょう。

私のような、若い女なんかを見向きもしない男にとって ? は、

別のことが気になるのです。

たいていが、キャーーとか歓声を上げながら、体のどこ一つ洗いもしないで

湯船に飛び込むのです。

撮影用にバスタオルを巻いて入るのは、特別に許可されたなどとテロップが

出るのですが、

どこも洗わないで入っても良いと許可したなどとは、一切表示されないのです。wobbly

実際には、タオルよりも、人の体の方がバイ菌だらけです。

目に見えないから大丈夫と思っているのでしょうが、顕微鏡などで見たら

ビックリします。

撮影前に、十分にきれいに洗ってから、改めてバスタオルを巻いて入ったなどとは、

とうてい思えません。

自慢じゃないですが、私は、湯船に入る前に徹底的に体中を洗い、それから入ります。

見た目がきれいだとか、スタイルが良いとか、そんなことよりも、入浴の仕方の方が

気になるのです。

 料理での箸の持ち方も、ほとんどが、なんとなく違和感を感じる持ち方をしています。

私がオジサンだから言うわけじゃないのですが、簡単に言えば、やはり

親のしつけです。

こういう何気ないふるまいによって、人間の本性が見てとれます。

これが、男湯でも同じことで、私が浸かっている湯船に、戸を開けて入ってきた

薄汚いおやじが、まったくどこ一つ洗いもしないで湯船に入ってきたら、

私はすぐに、湯船から出ていきます。

  形ばかり、前の方に、パシャパシャとお湯をかけただけで入ってくる者もいます。

体をふやけさせて、かえって湯船の中に汚れを溶けだし安くしているようなもので、

まったく無意味です。

公徳心、マナーの問題なのです。

こういったことを、無意識のままに正しくできる人は、本当の中身の出来ている人です。

ある人間の正体を知りたかったら、一緒に風呂に入ってみるのも良いかもしれません。coldsweats01

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,500円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常22,000円→19,800円(税込)

相模原市,相模大野駅の整体