うつ病に、タバコを勧めるバカ医者 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

うつ病に、タバコを勧めるバカ医者

 私のところには、うつ病と診断されて病院に通っている人が、結構来てくれます。

これはある男性から聞いた実話ですが。

彼が初めて行った、精神科の医師が、こう言ったそうです。

「あなたは、結局まじめすぎるんですよ。几帳面で潔癖で。

細かいところにも気が付いて、何か小さなことでも見つけると、

それが気になって気になって、どうしようもないんでしょう。

もっとリラックスしないとね。

うつ病の治療には、リラックスが一番大事ですよ。

周りの事なんか気にしないことです。

酒は少し飲むけど、タバコは吸わないんですよね。

思い切ってタバコを吸って、気分転換したらどうですか」

 皆さんは、この言葉を聞いてどう思いますか。

私に言わせれば、とんでもないの一言。

医師と言われる人間の、風上、いや、風下にも置けないやつです。

 タバコを吸ったとします。

気分転換って、いったい気分がどう転換するってんですか。

何にも転換なんかしませんよ。

それこそ、タバコを吸いたいという気分を、タバコを吸ってごまかすためで、

もともと吸わない人間に、タバコで気分転換なんてできないんです。

 最近、脱法ドラッグなどと言われるものを、危険ドラッグなどと名前を変えて

呼んでいますが、名前を変えれば、こんな危険なドラッグが減るのかと言うと

はなはだ疑問です。

危険なものと言われれば、ますます興味を持って手を出す者もいるのです。

ここで、もっと難癖をつけると、なぜタバコを危険ドラッグに指定しないのかです。

運転前にタバコを吸ったから、急に訳が分からなくなって、無謀運転し、

大事故を起こしたなどいうことはありませんが、徐々に悪影響を及ぼすのです。

タバコは、人体に対して、万病に対して、長い年月をかけて毒になるのです。

 だから、うつ病にタバコを勧めるなど、もってのほか、論外なことです。

もしも、かかり付けの医者がそのようなことをほざいたら、即刻、その医者に

かかるのは止めることです。

治るはずがないと分かっていて、タバコを吸わせ、ますます悪化させて、そして、

次々に薬を出して飲ませて儲ける、悪徳医師です。

 本当に気分転換を望むなら、例えば、南の暖かい無人島かなんかに行って、

スッポンポンになって、砂浜に寝転がることです。

お日様に適度に当たることも、うつ病には有効ですよ。

ただし、強力な日焼けには十分に注意してください。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)

相模原市,相模大野駅の整体