下々の話(下ネタの話ではありませんよ) - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

下々の話(下ネタの話ではありませんよ)

  昔、大衆食堂という看板の店があちこちにありました。

客層が、いわゆる一般の大衆なのですが、良く考えると、人を小馬鹿にした言葉です。

私に言わせれば、世の中の人間は、皆大衆なのです。

どんなに大金持ちの、王様や商人だって、人間に変わりはないのですから。

大衆という言葉は、金のある奴から見て、貧乏人に対して蔑視した言葉であり、

言われた方も、本当に金は無いし、人数は圧倒的の多いので、

自虐的に大衆という言葉を使ったのです。

でも、意識的に大衆という言葉を使い、大衆運動などと称して、大勢の人間を扇動し、

自分だけはうまい汁を吸って、結局大金を手に入れるような輩も大勢いました。

自分は大衆の味方だというような顔をして、自己利益を図るような連中は

いつの時代にもいます。

だから私は、選挙運動でも、大衆などという言葉を使って声高に叫んでいる人間は、

あまり信用しないのです。

  庶民の味方、などという言葉も同じです。

大衆だの庶民だのと、人を小馬鹿にした、あるいは自虐的な言葉は、都合良く使われて、

それを使う人間の利益のために利用される場合があるのです。

先ほどの、大衆食堂ですが、川崎市内に「大衆向け食堂」という看板の出ている店が

ありました。

入ってきたお客さんに対して、「ハイ、あなたは確かに大衆ですからどうぞ」とか、

「あなたはどう見ても金持ち、ブルジョアに見えるから、お断り」などとは

言わなかったはずです。

大衆向け、などという、奇をてらった名前を出して、客を呼び込もうとしたのです。

それを見たお客が、「俺は大衆なんだ」などと、自認して入ったわけでもないのでしょうが。

今では、大衆という言葉も以前ほどは使われなくなり、第一、誰もが、

大衆などという言葉で、ひとくくりにされるのは嫌なのです。

実態は大衆そのものなのに、多様化しているのです。

祝日も診療いたします。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,400円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常21,600円→19,440円(税込)

相模原市,相模大野駅の整体