一日中、口の中に塩味を感じる症例 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

一日中、口の中に塩味を感じる症例

6年半ぶりに来ていただいた、Nさんは、口の中がいつも塩味がして、

とても気持ちが悪いと言って、治療を受けました。

              (この一文は、ご本人の了承を得て発表しております)

  寝ているときは、さすがに感じないらしいのですが、それ以外の時間は、

ほとんど塩味がしているようです。しかも、ザラザラした、粉粒のような感覚もあるとか。

まるで、海水を飲み込んでしまったかのように、ガーーーツ、ペツ、ペツと、

いつも吐き出したくなるようです。

  病院の味覚外来で、種々の検査をしても、特に異常は見られないということで、

なぜこうなったのかと聞いても、医師も、ウーーーンと首をひねるばかり。

味覚が無い、あるいは、鈍感になったなどの場合は、いろいろの思い当たる原因が

あるものですが、このように、ありもしない味を感じる場合は、病院もお手上げです。

本人の体験では、入浴したあとや、背中の肩甲骨の間をもむと、

少しばかり塩味が和らぐということです。やはり、血液循環の異常です。

  早速に治療をしました。

私にも、存在しない味をなぜ感じるのか、これだという結論は出なかったのですが、

やはりいつも言うように、自然治癒の本体、血液の力を順調にすれば、

自然に治るに違いないと思い、いつもの通りの全身治療をしたのです。

治療している最中に、どうですかと聞くと、「今は、全く塩味を感じません」と言います。

治療終了後も、快適なようです。

この状態がいつまで続くか分かりませんし、また、どういうメカニズムで正常になったのかは、

説明できないのですが、いずれにしても、血液循環の改善が、

原因も病名も分からないものでも、治す力があると確信したものです。

  治療の一部をお話しますと、左の大腰筋が非常に硬くなっておりました。

大腰筋が硬くなると、股関節の異常から、骨盤の歪みが生じます。

骨盤の歪みは、即、頭蓋骨の側頭骨の歪みを作ります。

味を感じる神経は、顔面神経の枝で、側頭骨の歪みは、顔面神経の働きに

大きく影響します。そのために味覚の異常が現れたのかもしれません。

大腰筋の柔軟性を回復させると、顔面神経の働きも改善されます。

このように、全く離れているところの筋肉の調整によって、味覚まで正常になるという、

不思議な、また、ある意味では当然の結果が出るのです。

  医師の方では、こういう考え方は一切ありません。

あまり間を開けないで、何回か治療に来た方が良いですよ、と言ったのですが、

何しろ、茨城県から来てくれたので、そうそう頻繁には来られないでしょう。

しかし、忘れずに来てくれたことには、感謝しております。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,500円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常22,000円→19,800円(税込)

相模原市,相模大野駅の整体