医師不足よりも、患者増加を懸念せよ - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

医師不足よりも、患者増加を懸念せよ

 医師の不足が報道されています。hospital

そのため、何年計画で、医師の数を何万人増やすとか騒がれていますが、

頭数だけ増やせば良いというものではないはずです。

 「病院の通信簿」というサイトを見ておりますが、横柄な、高飛車な、威圧的な、

あるいは、感情的な、イライラしやすい、怒りっぽい、パソコン画面しか見ない、

どなり付ける、スタッフの態度が最低だ、長時間待たされた、腕が悪い、乱暴な処置、

待合室が汚い、プライバシーが尊重されず、他人に丸聞こえなどなど、

全く医師としての人格や、人間性を疑うような事例が多く紹介され、あきれてしまいます。annoy angry

大学の医学部に入るには、俗に言う頭の良い学生、成績の良い学生でなければ入れません。

それは確かにそうなのですが、ペーパーテストの成績だけで判断されているのが現状です。

医師になるのに適した人格を備えているかなどは、確かめようがありませんから、

仕方のないことですが、もう少し入学させるとき、あるいは、国家試験を受ける際などに、

一工夫あってしかるべきと思うのですが。

 また、医師の数だけが十分に満たされても、問題は解決しません。

我々が、安易に医師だけを頼りすぎるのです。

病院に行けば、なんでも治ると勘違いをしているのです。

病院の中の待合室を見てごらんなさい。患者であふれています。

その大半の人の目的は、薬をもらうためです。

根本に治るだろうと期待などしていない人がほとんどです。

医者の方も、根本に治そう、あるいは、治るだろうなどとはほとんど考えていません。

チョロッと話を聞いて、「じゃー、薬を出しておきましょう」と言うだけです。

私がいつも言うように、薬というものは、症状を抑えるか不足しているものを補うだけです。

病気そのものの原因が、本当に治るものなどほとんどありません。

いくら予防が大事ですよと言っても、聞く耳を持たないで、いざ症状が出たら、

医者に行けば治るだろうと安易に考えているのです。

 病院などに行かなくても済むような体になった方が、良いではないですか。

病院に行く必要がなくなれば、医師の数など増えなくても構わないのです。

患者が減れば、必然的に医者の方も自然淘汰され、良質な医者だけが残るようになるのです。

貴重な医療費を無駄に使って、暇つぶしに病院に行くような世相は、

考えなおさなければなりません。think

私なんぞが偉そうに言って、不愉快な方もいましょうけれど、良くよく考えればその通りなのです。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,500円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常22,000円→19,800円(税込)

相模原市,相模大野駅の整体