人間よりも、理論が優先のような言い分 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

人間よりも、理論が優先のような言い分

 一年前に初めて来院した女性、Hさんは、怒り心頭の様子でした。angry
50歳ちょうどですが、全身に何とも説明のしようのない症状があり、
病院に行きました。
 担当したのが、昨日学校を卒業したばかりとも思えるような、若い医者。
 問診した後、ポツリと
「もう年ですからね」の、一言で終わり。
医師 「私が今まで見た論文には、どれも当てはまりませんね」
Kさん 「先生は、世界中のあらゆる論文をご覧になったんですか」
医師 「そーーーんなはずがないでしょ。膨大な数なんだから。
     あなたは、論文なんて読んだことが無いでしょうけれど、
     すごい難しいんですよ。私だって、苦労したんですから」
Kさん 「じゃー、まだ読んでいない論文に、私のような症状の事が
     載っているかもしれませんよね」
医師  「それはまずあり得ません」
Kさん 「どうしてそんなことが分かるんですか」
医師  「それが分かるんですよね、これが。少なくとも今まで見聞きした論文には
     こういう症例は載っておりません」
Kさん 「どうすれば治るのでしょうか」
医師  「医学的に確立されていないわけですから、どうしようもありませんね」
Kさん 「それじゃー、その理論とやらは、いつごろ確立されるんですか」
医師  「そんなこと誰にも分かりませんよ。まー、発表されたらお知らせします」
     その理論に従って、治療をしますから」
Kさん  「更年期障害ですか」
医師  「だから、素人はすぐにそう言いますけどね。理論が確立されていないわけですから
     今の段階で決めつけることはできないんですよ」
 まー、このやり取りを聞いていると、こっちがイライラしてきますが。
原因など何一つ探究することもなく、とにかく症状を抑えつける薬を、次々に
大量に出す医師がいますが、それよりももっとふざけた医者の態度です。
つまり、机上の論理と言いますか、学校で習った、自分の覚えていることだけが最高で、
他は、特に素人の言い分なんかは、歯牙にも留めないという態度。
こういう医者には、長く通っても無駄です。
何の意味もありません。
精神的にストレスが増すばかりで、何も良いことはありません。
 そして最後に言われた一言が、先の「もう年ですからね」です。
年だからと言って済むなら、それこそ理論もへったくれもいりません。
結局、何にも診断できないものだから、高飛車に出て偉そうにしただけです。
 一方、私たちの行う治療は、理論やテクニックはもちろん重要ですが、
それよりも、人間そのものが大優先です。
その人の全身に問いかけて、治る力を減らす要素を、出来るだけ取り除くのです。
あとは、症状の違いや、病名の違いなど無関係に、全身が勝手に自分にとって
一番良いように治っていきます。自然治癒力の偉大な力です。

だから、病院で、原因も理屈も病名や治療法が分からなくても、治療院で治るものは
いくらでもあるのです。
病名や理論は、人間というものを詳細に観察し、実験し、結果を判断して、後から
付けたものであり、人間よりも先に理論があるわけではありません。
骨盤矯正は、骨盤だけに施術しても一時的。
全身の治療をしないとすぐに元に戻ります。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,500円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常22,000円→19,800円(税込)

相模原市,相模大野駅の整体