自転車一台に5人乗って,映画に行った話 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

自転車一台に5人乗って,映画に行った話

  一台の自転車に5人も乗って、悪ガキがなんてことをと思うかもしれませんが、

違うんです。

 私がまだ小学生の頃の話。

当時はテレビなど有りませんから、何か月かに一度の割合で、

隣町の映画館から映画の出張上映があったのです。

何日も前からポスターをあちこちにはり、宣伝カーが大量のチラシを道に

まき散らしながら、予告して回ったのです。

 場所はほとんどが、中学校の体操場でした。

皆が、木の床に腰を下ろして見ていました。

たまに、農協の大型トラックが外を通ると、ライトが窓から入って来て、

バーーーッとスクリーンを照らして、何も見えなくなってしまいます。

誰が運転しているか皆知ってますから、「あの野郎め、明日ひどい目に合わせる」

などと、誰かが叫ぶと、場内は大笑いに包まれます。

途中で映写機のランプが切れて、隣町まで取りに行ってくるから待っててくれ

ということで、30分以上も待ったり。

吊り下げていたスクリーンに子供がぶら下がって、天井から落っこちたり。

テンヤワンヤ。

 出し物はたいてい4本。

まず、ニュース。相撲では、栃錦、若乃花の時代。プロレスはもちろん力道山。

野球では、長嶋、王の頃。ラジオでしか聞いたことのないスポーツ中継に、皆興奮したものです。

実際は、何か月も前の映像なのですが、そんな事はお構いなし。

2番手は、外国製のアニメ。ミッキーマウスやトムとジェリーなどの白黒マンガ。

3番手は、日活のアクション。石原裕次郎や小林旭の、今見ればたわいもない恋愛活劇。

4番手が、東映のオールスター時代劇。なんと、総天然色、ワイドスコープ、ステレオ音響。

 私の家には、頑丈な一台の自転車がありました。

サドル部分からハンドルにかけて、横棒がガッシリと渡されています。

その横棒に私が乗ります。父はもちろんサドルに腰かけて、背中には妹を背負っています。

後ろの荷台には母が腰かけ、やはり背中には、弟を背負っています。

これで一台の自転車に5人乗ったわけです。

一番下の弟はまだ一歳。家に置きっぱなしで寝かせておいたのです。

こうやって夜の道を走り、映画を見に行きました。

 昭和時代、東京タワーが作られたころに小学生時代を過ごした身には、

いろいろな意味で感慨深いものがあります。

映画には、いろいろと思いがありますので、そのうちにまた書いてみたいと思っています。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,500円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常22,000円→19,800円(税込)

相模原市,相模大野駅の整体