病院のリハビリのいい加減さ - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

病院のリハビリのいい加減さ

 病院勤務の理学療法士が治療に来ました。

理学療法士といえど、自分自身も腰痛や肩こりなどが多いようです。

やはり対象になる患者さんは高齢者が多いらしく、医師の診断は一言でいえば、

老化現象。

彼は勉強熱心なので、いわゆる治療院というところで行われるセミナーなどにも、

ときどき顔を出して、いろいろ研究しているようです。

だんだんと病院のリハビリに物足りなさと疑問を感じ始め、最近では、

もういちど自分で開業できる、治療師の資格を取る学校に入りなおそうかとも

考えているようです。

 病院のリハビリは、基本的には医師の診断と指示により行うわけで、たとえば、

理学療法士が独自の判断、診断を下して、治療を行うなどできないのです。

治療院のセミナーで習った治療法が、これは素晴らしい、これならあの患者さんにも

応用できると思っても、実際にその方法を行うなどは、基本的にはできません。

こういう場合はこういう方法と、だいたい決まっていて、よほどのことがない限り

「君の好きなように、どんな手技でも使ってやってごらん」などと、

医師が許可することなど無いのです。

 理学療法士という立場と、病院の経営や、行った療法に対する点数の問題、時間、目的など、

多くの問題があり、患者さんのために良かれと思ってやったことでも、表ざたになれば

問題になるわけで、おのずと、定められた範囲のことしかできないようになっているのです。

医療の原点である手当ということ、つまり、何とか治そう楽にしてあげようという気持ちが、

発揮できない、多くの難しい問題があるのです。

 病院に長い間通院しても、全く治らないものが、治療院でたった一回で治るなどということは、

数え切れないほどあります。

反対に、治療院などでは全く対処できないものも、当然ながら山ほどあるのです。

治療院のほうが断然良いと思っても、健康保険でできる治療などはほとんどありません。

経済的な問題で、望む治療を受けられないことも多いのです。

 そのため、治りそうだと思わなくても、行かないよりは良いかというぐらいの気持ちで、

病院に通う人が多いのです。

何とか、両者がともに協力し合って、その患者さんにとって一番良い方法は何かを検討し、

立場を超えた、最適な療法を施せるように、しなければなりません。

医師の皆さんで、同感してくださる方はいませんか。ぜひお話がしたいです。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,500円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常22,000円→19,800円(税込)

相模原市,相模大野駅の整体