左ギッチョなのに、右肩が痛いのは変ですか - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

左ギッチョなのに、右肩が痛いのは変ですか

  昨日治療に来てくれた、Sさんは、左利きです。女性で五〇歳代。

Sさん 「右の肩が上がりにくくなって、四十肩、五十肩ですかね coldsweats01

私   「Sさんは、三〇歳代でしょう ?。じゃー三十肩だ bleah

Sさん 「まー、お上手ね。ほんとの年齢を知ってるくせに、ヒヒヒツ smile

私   「いつ頃から症状が出ましたか」

Sさん 「二週間ほど前からです。左利きなのに、右肩が上がらないのは変ですよね」

私   「そんなことはないですよ。右利きで左肩の上がらない人も、当然いますから」

Sさん 「使いすぎて痛くなるんですか」

私   「使いすぎると、筋肉の疲労で痛みは出る事がありますよね。

     その場合は、使いすぎた方に症状が出ます。

     左ばかり一生懸命に動かしても、首に負担がかかり、頚部の歪みによって、

     右手に行く神経が障害されれば、症状は右に出ます。

     だから利き手と症状は、必ずしも同じ方に出るとは限らないのです。

     両方に同じころに症状が出ることもありますものね」

最近はテレビなどを見ていても、左利きの人が多くなりました。

多くなったというよりも、左利きであるということを隠さなくなったのでしょう。

以前は、左利きだというだけで、奇異に見られたり、親が、子供の左利きを強制的に

治させたりしていましたが、今はそういうこともだいぶ少なくなってきたものと思われます。

良くよく考えると、それが当り前で、右利きが圧倒的に多い世の中だからといって、

右利きが正当であるなどという理屈は成り立たないことです。

私は右利きですが、これを左利きに治せなどと言われたら、すごいストレスで、

気が変になってしまいます。

  昔、麻丘めぐみさんの歌に、「私の彼は左きき」というのがありました。paper

あれは、左利きを可愛く歌った初めての曲ではなかったでしょうか。

左利きだろうが、右利きだろうが、自然にそうなったものですから、意識しすぎて、

こちらばかりを使わなければなどと、無理を重ねると、精神的な負担が多くなり、

そのストレスによって全身の歪みを生じさせて、思わぬところに症状を引き起こします。

今の時代、何も気にすることなく、ごく自然にふるまえば良いのです。confident

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,500円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常22,000円→19,800円(税込)

相模原市,相模大野駅の整体