盆踊りでギックリ腰になったという、女子高校生 - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

盆踊りでギックリ腰になったという、女子高校生

  初めて来た女子高校生は、母親が定期的に、治療に通って来ます。

マンション自治会の盆踊りで、炭鉱節を踊ったら、ギクリといったということです。

車でこられましたが、見た目では、あまりひどそうには見えません。

前かがみも、後ろに反ることも、まあまあできるようです。

どんな時に痛いのか聞いたところ、両腕を上に上げて、上半身を捻じると、

ズキンとくるということです。

これは、本人も母親も、ギックリ腰と言ってきましたが、捻ったのは腰よりも背中です。

いわば、ギックリ背中とでも呼ぶような状態です。

いろいろ聞いてみると、普段はあまりスポーツをしないとか。

ケイタイいじりばかりだそうです。

背中を見て、「お母さんかお父さんに、糖尿病の人はいますか」と聞いたら、

父親と、そのまた父親が糖尿病だという。

「あなたは、冷たいものばかり飲んで、クーラーのきいた部屋で、

ケイタイばかり触ってるでしょ。

それで今、消化不良なはずです。ストレスも多いですよね。

背骨の6番に歪みが出て、背筋が硬ーーーくなって、柔軟性がないんです。

それを普段やり付けない盆踊りで捻ったから、ギクリと来たんです。

風呂に入って良く温まり、ゆっくりしてれば、そのうちに治りますよ。

でも、膵臓の関係が弱いですから、今から治療しておかないと、また背中を捻りますよ。

それに、将来は、糖尿病になる可能性が高いですから、お母さんのように

治療に来た方が良いです。

スポーツも得意になるし、勉強もできるようになる、もちろん内臓の働きもね。

スタイルも良くなるし、性格もみんなから好かれるようになりますよ」

そういう風に偉そうに説教しながら、背中の6番を矯正したら、

瞬間的にほぼ症状は消えました。

  ギックリ腰を、一度やると癖になると言いますが、癖になるのではなく、

原因が治っていないのです。

だから、体に歪みが出来て、身を守ろうとして固まったものに不用意な力が加わるから、

ギクリと来るのです。

若い時からギックリ腰の症状が出た人は、根本の原因を治さないと、将来後悔します。

でも、いつも言うように、病院では何にもやってはくれません。

しっかりと予防治療のできる治療院を見つけて、定期的に通うことです。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,500円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常22,000円→19,800円(税込)

相模原市,相模大野駅の整体