77-7=7が正しいんだ、絶対に - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

77-7=7が正しいんだ、絶対に

ある子供に、77-7=と聞いたら、7と答えました。sign03

普通は、70と答えれば正解となるのですが、絶対に7だと言って譲りません。

だって、77は、7と7が並んでいるわけですから、7を一つ取ったら、

あとには7が一つ残るはずだから、答えは7だというのです。

65-6=5という事になるのです。

それなら、10-3=いくらと聞くと、10という数字の中に3という数字はないから、

引きたくても引けないというのです。

算数としては間違っているのですが、ちょっと考えさせられます。think

  次は、私が小学生時代に実体験し、とても悔しい思いをしたので、

いまでも鮮明に覚えているのですが。

0.3×0.4=0.12

0.8÷0.4=2

これでいずれも正しいのです。解答用紙にもこのように書きました。

ところが、変わり者の私のことですから、何か変だなーと思ったのです。

普通、何かと何かをかければ増えるはずなのに、0.3に0.4をかけたら、

0.12という風に、数字が小さくなっているのです。

0.8を0.4で割れば、小さくなるはずが、2という風に明らかに大きくなっているのです。

割って大きくなるというのが、引っかかったのです。

このことを先生に聞いたのですが、納得するようには教えてくれませんでした。pout

「余計なことを考えないで、教えられた通りに計算すれば良いんだ」とでも言うように。

悔しかったですねー。

中学時代に、水を電気分解して水素を取り出し、燃料にと言って、

頭ごなしに否定されたときと同じく、それ以来、算数と理科が嫌いになってしまいました。

  これも何かで聞いたか見たかした話ですが、ある小学生のクラスで、

雪(あるいは氷)が溶けたら何になりますか、と聞いたら、全員が水と答えた中で、

一人だけ、春になると答えたそうです。

ロマンがありますねー。でも理科の答えとしては間違いになってしまいます。

 キャンデーズが、「雪ーが溶けて川ーになーって流れてゆきます」と歌っておりました。notes

あれは、雪が溶けて、水になったのではなく、川になったのですね。

点数の良くない子、変な発想をする子、変わった子、変わっているおじさん(私のこと)。

みんな魅力がありますね。coldsweats01

面白発想をする人をみんなで励まして、明るい社会を作りましょう。

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,500円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常22,000円→19,800円(税込)

相模原市,相模大野駅の整体