新婚さんが行う、人に言えないこととは - 相模原市 相模大野 整体

菅原治療院

ブログ

新婚さんが行う、人に言えないこととは

  清廉、高潔、純粋無垢で通っている私が言うのもなんですが。coldsweats01

以前に聞いた話です。次の質問の答えは何でしょうか。

「問題」  東北地方出身の新婚さんが、部屋の中に入ったまま、

              人に言えないようなことをしておりました。それは、

              最初の文字が、セ。

             最後の文字が、ス だということです。heart04

さて、この二人は何をしていたのでしょうか?

問題の要点は、東北出身ということです。

「答え」  セゲンバナス(世間話) coldsweats02

皆さんの期待を裏切って、まことに申し訳ありません。

さすが純粋無垢な私です。coldsweats01

   数年前になりますが、田舎の母親に電話した際に、

私   「もう晩御飯は食べたのか ?」

母   「6時ころ食べた。今日は、シシマンマだった」

私   「自分のところで作ったのか」

母   「となりの、シジギさんから、いっぱい作ったからと言って、貰ったんだ」

私   「この前、アジギモジあげた、おかえしだな」

母   「んだんべなー」

シシマンマというのは、寿司のこと。

シジギさんというのは、鈴木さん。

アジギモジというのは、小豆餅のこと。

よく、ずーずー弁と言われますが、シとスの使い方と、それが、濁音になるところから、

よその人には、理解しにくいところだと思います。smile

  昔、私が勤めていた出版社の営業Sさんが、東北に出張した時に経験したこと。

Sさん 「東北の人は、ツと言わないで、チと言うんだよね。数を数えるときに。

ひとっち、ふたっち、みっち、よっち、えじっち、むっち、ななっち、やっち、こごのっち、とね。

それで俺は、じゃー10のことは、とっちと言うんですかと聞いたら、それは、とう で良いんだ。

ムジガシイ、いや、難しいなー」coldsweats02

  最近、秋田に帰省しても、子供たちが、標準語と言われるような言葉使いをしています。

ある調査では、どこの地方の子供たちも、ままごと遊びのときだけは、標準語を使うという。

昔は確かにそうで、父親のことは、オドウとかツアーとか、テデ、母親のことは、

アバアなどと呼んでいた子も、ままごとのときだけは、

お父さん、お母さんなどと呼んだのです。

  それが今では、全国共通語を使う。なんとなく寂しいです。

町並みも、店も、売っているものも、看板も、全く全国共通で、地方に来たという感覚が

なくなりました。

せめて、言葉だけでも昔のままであってほしいと思うのは、身勝手でしょうか。

  私の治療室には、いつもオジャツコとjapaneseteaカシコとcake、たまにはサゲツコbottle

置いてあります。

皆さん、特に地方出身の方、セゲンバナスをしに、気軽においで下さい。happy01

健康法師菅原の徒然草「納得ブログ」

この記事を共有する

腰痛、肩・首・頭痛を解消したい方

相模原市,相模大野駅の整体

土日・祝日も営業 治療歴40年の信頼と実績 相模大野駅より徒歩10分 19時まで受付 駐車場あり

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

全身総合治療(腰痛・肩こり・頭痛解消)

90分~120分 5,500円(税込)

【回数券】腰痛・肩こり・頭痛を根本解消したい方へ

全身総合治療(4回券)

通常22,000円→19,800円(税込)

相模原市,相模大野駅の整体